背景

GCL(*1)では、ICTを活用した社会課題の解決に直結する研究を行っていますが、その中で、ワークショップを重要な柱として据え、ワークショップを通じた研究スコープの獲得、研究開発の課題の洗い出し、社会実装における検証などを行ってきました。
workshoppersと名付けられたこのイベントでは、各年度ごとに活動を総括するための成果報告会を開催しています。
今年は5度目の開催となり、オープンしたばかりの情報学環オープンスタジオ( https://openstudio-utokyo.com/ )での初の開催となります。

GCLコースの学生にとっては、先輩の活動を聞くことで各自の研究との関連に視座を与える内容となるでしょう。また、ワークショップについて深く知りたい一般の方も参加頂くことが可能となっていますので、お誘い合わせの上ぜひ足をお運び下さい。


GCL-GDWS has been held every year an event that workshoppers as an activity report meeting of the year.
This year, on February 17 (Saturday), at the newly Opened “III Open-Studio ( https://openstudio-utokyo.com/ )”, will be held at the following program.
Please join us.

Title: Workshoppers 2018
Date:Feb. 17, 2018, 13:00 – 17:00
Venue:III Open-Studio
Guest: Yuki Anzai

(1) Lecture: Interview with workshoppers proficient
Yuuki Anzai, Prof. Shin Mizukoshi

(2) Talk about process of workshop design
Doctoral Student who held workshop C

12:30 Open the venue
13:00 Opening greeting by Prof. Naemura
13:15 (1) Lecture
14:30 Intermission
14:45 (2) Talk
16:00 Party
17:00 Close

実施概要

日時:2018年2月17日(土) 13:00 – 17:00
会場:東京大学情報学環オープンスタジオ マップ

参加登録:不要、参加無料

内容(1)Workshop実践者インタビューをしてみて
ワークショップデザイン、ファシリテーションの研究者・実践者として活躍している安斎勇樹氏から、近年取り組まれている研究「ワークショップ実践者インタビュー」について伺います。これは、様々な現場でワークショップをされている実践者達への網羅的なインタビューであり、実体の掴みにくいワークショップを捉える先駆的な研究です。
現在、注目が集まる「ワークショップ」について、様々な人へのインタビューを経た安斎氏と共に立体的に考えていきます。

発表:安斎勇樹
モデレータ:水越伸

内容(2)WS C 完了者 学生インタビュー
ワークショップを研究の中に位置づけ、社会課題に対する実践的な研究を行ってきた博士課程の学生へのインタビュー形式のディスカッションを行います。研究の中で、ワークショップをどんな位置づけで行ったのか?また、実施したワークショップのフォーマットやスケジュールなど、ワークショップを実施するにあたって具体的にとった「手段」や「形式」について聞いてみます。

発表者:WS C 完了者 複数名
モデレーター:会田大也

*1 Global Creative Leader 養成プログラム

*2 Global Design Workshop 機構

プログラム

12:30

開場

13:00

オープニング挨拶

13:15

ワークショップ実践者インタビューについて 発表:安斎勇樹 / モデレーター:水越伸

14:30

休憩

14:45

WS終了学生インタビュー モデレーター:会田大也、杉野弘明

16:00

懇親会

17:00

閉場

開催日時

2018年2月17日(土)
13:00 - 17:00

場所

東京大学情報学環オープンスタジオ
https://openstudio-utokyo.com/